善玉菌が減る原因

腸内環境は健康の基本。免疫力をアップさせ、健康な毎日を過ごすためにも、腸内の善玉菌を増やしたいものです。ところで、腸内の善玉菌はどんな理由で減少してしまうのでしょうか。善玉菌が減少する原因について知れば、今後注意することができます。

腸内の善玉菌が減ってしまう原因の一つに、食べ物が挙げられます。悪玉菌は動物性たんぱく質が大好きなのです。お肉を中心とした食事を続けていると、悪玉菌が増殖しやすくなってしまいます。逆に、野菜や海草類など食物繊維が多く含まれる食材を中心にした食事は悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の増殖を助けます。善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取するのも善玉菌を増やすのに役立つでしょう。

さらに、善玉菌が減ってしまう原因として薬の服用が挙げられます。善玉菌の減少に関わるのは、風邪を引いたときなどに処方される抗生物質でしょう。抗生物質は菌をやっつける薬です。抗生物質が腸に届くと、善玉菌まで死んでしまうのです。抗生物質を服用したあとは、腸内環境をもとに戻すためにビフィズス菌やオリゴ糖を摂取する必要がありそうです。

また、加齢によって善玉菌が少なくなってしまうこともあります。年齢を重ねると腸の動きが鈍くなり、便が長時間腸内に留まるようになります。すると、悪玉菌が繁殖しやすくなるのです。年齢を重ねるに従い、腸内環境を良好に保つ工夫をしたいものです。先ほども述べましたが、ビフィズス菌とオリゴ糖を摂取することで善玉菌の増殖を促進させることができます。

Back to Top