善玉菌と便秘の関係

「便秘は善玉菌が不足している証拠」とまでいわれるほど、便秘と善玉菌には深いつながりがあります。便秘にはいくつか種類があり、善玉菌の不足が関係しないものもあるのは事実ですが、善玉菌が不足することで便秘が引き起こされるのもまた事実です。ところで、善玉菌が減るとどうして便秘になってしまうのでしょうか?ここではそのことについてお話します。

腸内には、幾百という種類もの細菌が存在しています。数にすると100兆個以上、その総重量なんと1~1.5kgにもなるといわれ、腸内細菌がどれほど多いのか想像できます。その中で、人体に良い影響を及ぼす菌を善玉菌と呼び、悪影響を及ぼすものを悪玉菌と呼んでいます。

善玉菌の代表的なものはビフィズス菌や乳酸菌、悪玉菌の代表的なものは大腸菌やウェルシュ菌などです。善玉菌は消化を助け、腸内を弱酸性に保ち、便通を促すのに対して、悪玉菌は毒素を発生させ、腸内のものを腐敗させ、便やガスを臭くし、下痢か便秘を引き起こします。

たとえば、悪玉菌の代表的なものであるウェルシュ菌では、腸内でレシチナーゼ、コラゲナーゼ、DNA分解酵素などの外毒素を産生し、腸内を傷つけます。また、ウェルシュ菌は酸素のない腸内で増殖が活発に行われ、増殖のさいにさらにエンテロトキシンという毒素を発生させ、腸管に作用して異常反応を引き起こしてしまいます。

一方で、善玉菌は腸を健康な状態に守り、お通じを正常にさせます。また、悪さをする悪玉菌をやっつける働きもするので、腸内環境を守るための強い味方となってくれるといえます。ですから、便秘を根本的に解消するためには、腸内の善玉菌を増やすことがカギとなると言えるでしょう。


Back to Top