善玉菌を増やすには

腸内環境を良好な状態に保つためのポイントは、悪玉菌よりも善玉菌が優勢になるよう心がけること。心がけるといっても腸内は目に見えないので難しいところがありますね。でも、コツをつかめばそんなに難しいことではありません。

腸内環境は、口から摂りいれるもので改善することができます。できるだけ、善玉菌が多く含まれる食材を食べるようにしましょう。例えば、ビフィズス菌が含まれたヨーグルトがおすすめです。ただし注意点があります。密閉されたパックに長時間入って売られているものは、ビフィズス菌が弱っていることが多いです。できるだけ菌が元気な状態のヨーグルトを食べるとよいでしょう。

自家製のものもいいでしょう。ただ、自家製のものは長期間にわたって作り続けていると、雑菌も混ざってしまうことがあります。そうすると、腸内に雑菌を摂りいれることになり逆効果です。雑菌が繁殖して臭くなったヨーグルトは、種菌として使うのはやめましょう。

また、腸内の善玉菌を増やすため、エサとなるオリゴ糖をいっしょに食べるとよいでしょう。オリゴ糖はヨーグルトとの相性がいいのでおすすめです。食事は、野菜や海草など、食物繊維を意識して食べることも、腸内の善玉菌を増やすのに役立ちます。毎日の積み重ねで、腸内環境の改善を図りましょう。

▼参考ホームページ▼
便秘克服実体験談【私の便秘は解消しました。】


Back to Top